会社概要 所在地案内 環境保全方針 事業部案内 果実原料部
食品部 オーナメント部 ADM部 計測機器部 ”食”開発グループ
 
環境保全方針
 
 
雄山株式会社は人類共通の願いである平和と幸福の達成の一助となるため、事業活動を通じて『誠実・努力・責任』の社是のもと、環境問題への取り組みは事業活動の必須要件であることを認識し、地球環境保全へ真剣に取り組み、その実現と持続に向け努力します。
  1. 環境関連諸法規の遵守
    環境に関する法規制及び当社が同意するその他要求事項を遵守します。 又、可能な限り自主的に管理基準を定め、これを維持管理します。

  2. 環境保全活動の推進
    循環型社会形成推進基本法等の趣旨に則り、物品の使用を合理化すると共に、リユースやリサイクルを進め、資源の消費量を減らすと同時に廃棄物になる物を積極的に削減していきます。

  3. 自然環境への配慮
    原材料や資源調達のための投資や取引にあたっては、地域社会の生態系への影響に配慮して環境との調和を目指すと共に汚染の予防に努めます。

  4. 社会との共生
    よき企業市民として次世代の繁栄と人類への貢献を願い、積極的に環境保全教育に協力します。

  5. 環境マネジメントシステムの充実と改善
    事業活動の中から環境に影響を及ぼす要因を的確に把握し、その要因に対し具体的な環境改善目的・目標を定め、その実現をはかります。又、定期的に監視とレビューを実施し、改善と予防に努めます。

  6. 環境方針の周知と公開
    本環境方針は全社員や事業活動に関与するすべての人に周知徹底をはかり、ホームページにも公開します。

2008年 7月 1日
雄山株式会社