会社概要 所在地案内 環境保全方針 事業部案内 果実原料部
食品部 オーナメント部 ADM部 計測機器部 ”食”開発グループ
  
 
 
  ”食”開発グループ  
 
 
  フルオートMAPシーリングマシーン TX 35 SLB  
   
 
 
  食品の貯蔵寿命・・・  
 
 
   ”食”開発グループは、真空処理なしで食品をガス包装できる特許技術である”SLB”技術を使った食品包装機械の販売、及び、この機械による食品開発を行っています。

 ”SLB”技術とは、”Shelf Life Booster”(貯蔵寿命増幅器)の略で、不活性ガスを食品包装に利用することで食品の貯蔵寿命を延ばすものです。  この機械は、省スペース・低コスト・高速にてガス包装処理が可能であり、又、真空処理を必要としないことから幅広い食品の包装に適応し、食品包装の新たな可能性を開くことができます。
 
 
 
 
  取扱商品  
 
  トップシール機  
  ■ マニュアル MAP シーリングマシーン SM 208 SLB  
  ■ 回転シーリングマシーン PM 1502 SLB  
  ■ セミオート式(コンベアつき) MAP シーリングマシーン SD 1805/SD 1810 SLB  
  ■ フルオート MAP シーリングマシーン TX 35 SLB  
  商品番号をクリックすると商品詳細にジャンプします  
 
  商品のお問い合わせはお電話にて 078-304-5151 まで  
     
 
 
 
  ”SLB”技術を駆使した画期的なトップシールタイプの
トレーガスパックシステム
 
 
 
  ”SLB”とは?
 ”SLB”は、”Shelf Life Booster”(貯蔵寿命増幅器)という真空処理をすることなくMAP封入するためのシステムで装置メーカーであるHEFESTUS社の特許技術です。
 真空処理なしでガス置換が可能であり、型崩れしやすい食材や真空処理できないデリケートな食材でも外観を損なわず最適な包装を可能とします。
 又、”SLB”技術は、保存料の使用や冷凍処理することなく食品の鮮度保持期間を延ばすことができ、室温やチルドでの保存と物流を容易にします。
 
 
 
  ”MAP”とは?
 ”MAP”は、”Modified Atomosphere Packing”の略で、容器内気体調節式食品包装システムと呼ばれています。
 容器の気体透過性を利用し、包装内を低酸素・高二酸化炭素の状態に制御することで食品の呼吸作用(酸化)を抑制し食品の劣化を遅らせる包装です。